DXジョブカタログ

情報システム
DXによる事業影響を踏まえてITプロジェクトを推進する人材
ジョブ解説
DXのためのITプロジェクトを企画することが増えており、ビジネス要件や業務要件をまとめていく難易度が高まっている。
ITプロジェクトの工程を以下のように表現した場合、
1.ビジネス要件定義
2.業務要件定義
3.IT要件定義
4.IT開発
従来の「2.業務要件定義」よりも上流の「1.ビジネス要件定義」~「4.IT開発」まで責任範囲が広がっており、ビジネス要件を理解しつつ業務要件定義の力が求められることや、テクノロジトレンドを取り入れたIT要件定義の力が求められる。
ITプロジェクトマネジメント力に加えて、業務プロセス設計やクラウド活用、セキュリティなどのスキルがトレーニングテーマに選ばれている。
代表的なスキル
ITプロジェクトマネジメントのスキルに加え、業務プロセス設計やクラウド活用、セキュリティの知識が求められる。
業務プロセス
業務プロセス設計
複雑化しがちなITプロジェクトの中で業務要件定義が不十分だとIT要件定義以降のリスクにつながる傾向がある。
業務要件定義を主導する際には業務プロセスをヒアリングしながらAsIs、ToBeの業務フロー図や業務要件一覧等をドキュメンテーションで表現することが求められる。また、その検討における論点を整理するスキルも求められるため、学びのニーズが高まっている。
ITプロジェクトマネジメント
ITプロジェクトマネジメント
ITプロジェクトのQCDをコントロールするスキルは、DXの流れの中でより一層重要視されるようになっている。
とりわけ、既存システムの保守運用を主業務としてきた方々にとっては学び直しのスキル領域として人気がある。新規システムの開発を主業務としてきた方々も我流になりがちなため、学び直しのスキル領域として人気がある。
お問い合わせ

プログラム詳細や料金プランなどは
お問い合わせください